アダモマンのこだわりブログ

特撮ヒーロー、アメコミヒーローを中心にこだわりを語るストライクゾーンの狭すぎるブログ

フィギュアーツ真骨彫ペガサスフォームが予約開始!クウガ20周年祭は終わらない!

ドラゴンフォームと合わせ、ペガサスフォームも真骨彫化!プレミアムバンダイにてようやく販売が決定!!

p-bandai.jp

www.adamokodawari.com

東映オフィシャルYouTubeでも本編の配信が決定し、20周年祭りが終わらない!!

◆スタイル

f:id:adamoman:20200912132551j:image

首回りのアイデンティティワードは以下

「邪悪なるものあらば、その姿を彼方より知りて、疾風の如く邪悪を射抜く戦士あり」

アークルに複眼や宝玉が鮮やかなグリーンに変化。射撃に特化したスタイルのペガサスフォームの登場だ。

実際の弓道やアーチェリーの胴着がそうであるように、左右非対称のデザインが実に印象的。後のシリーズでも「鎧武」登場のゲネシスライダーズが同様に弓使いのアシンメトリーデザインだが、

ペガサスフォームを初めて見たときの衝撃も大きかった。理由はあれどこんなに左右非対称なデザインのヒーローを見たことがなかったからだ。

f:id:adamoman:20200912133354j:image

胴体のアーマーは、マイティやドラゴンに比べても頑丈そうな印象で、正面から見たデザインがペガサスの頭のように見えなくもない(個人的見解)。

 

◆劇中の活躍

f:id:adamoman:20200912133919j:image

初登場の第7話では、ドラゴンフォームのときと同様、突然の能力の発現と戦い方がわからずピンチに。

しかし最大の特徴は、たったの50秒しか変身していられないことだろう。

先例を挙げるならば、ウルトラマンの3分も短いと思うし、ストロンガーのチャージアップ1分というのは更に短い印象だったが、

全身の感覚を何千倍にまで研ぎ澄ますからこその活動限界50秒は、やはり椿医師に言われると説得力があったし、その分、僅か50秒以内の活躍は手に汗を握った。

f:id:adamoman:20200912134448j:image

要は、あんまり登場しないからこそ、強く印象に残るフォームだ。

そして専用武器のペガサスボウガン。柄の部分は引くのと連動して弓が可動するのか楽しみなところだが、強度の問題があるなら連動しなくともOK!画像を見る限りはこちらも素晴らしい造形。

ドラゴンフォームのときにも書いたが、変形前の一条さんのコルトパイソンを付属させてほしいところ!

これは後続(に期待していいのか?)のグローイングフォームにまとめて付属でいかがでしょうか?!

 

◆値段 

このクォリティで税込6600円!

f:id:adamoman:20200912134915j:image

一般流通しても転売されて高値になるくらいなら、今のうちにプレバンで予約購入するのが安心安全なお買い物。こちらもドラゴン同様、2021年2月発送予定。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ トライチェイサー2000 約170mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ トライチェイサー2000

やはりこちらも、案外バイクと組み合わせるとより楽しい。劇中で言えばやはり26話のブウロ戦が印象的。

 

…ここまで来れば、紫の剣士、そして金の力も期待できるだろうか?!

クウガ20周年を祝え!

p-bandai.jp

www.adamokodawari.com

www.adamokodawari.com