adamomanのこだわりブログ

特撮ヒーロー、アメコミヒーローを中心にこだわりを語るストライクゾーンの狭すぎるブログ

【仮面ライダークウガの魅力】②グロンギという「21世紀型の恐怖」/「究極の闇」とは?/35話ジャラジも恐れたクウガの怒り

グロンギには、それまでの「悪の組織」とはかなり異なった特徴があった。 ・独自の言語を用い、現生人類とのコミュニケーションはほぼ不可能。 ・ルールやモラルは厳正に統一されているものの、組織全員が同じ目的に向かう集団ではない。 ・現生人類を「リン…

【仮面ライダークウガの魅力】①超古代の戦士という設定とオカルトブームと先代クウガの謎

時は2000年。 斬新な設定、演出、大人顔負けの濃厚なストーリーで記念碑的作品となった平成ライダーシリーズ第1弾、「仮面ライダークウガ」。 既にその魅力は随所で語り尽くされているものの、当時リアルタイムで熱狂していた身としては、「ここだよここ!」…

ウルトラ兄弟の功罪〜なぜ新マンはぺったんこにしぼんだのか〜

◆カラータイマーを取られるとしぼむのは本当か? ◆ウルトラ兄弟という設定 ◆各作品が持つ「固有の作風」 ◆帰ってきたウルトラマン ◆ウルトラマンエース ◆ウルトラマンタロウ ◆ウルトラ兄弟の功罪 ◆カラータイマーを取られるとしぼむのは本当か? ウルトラマ…

「ウルトラマングレート」〜知ると見たくなる七つの事実〜

まずは是非こちらをご視聴あれ。 ウルトラマングレートBlu-ray告知動画 ①オーストラリアの広大な自然を活かしたオープンセット ②主役の声優はあの人?! ③仮面ライダー剣は後半から面白くなったという方に ④美しいスタイルとスーツ ⑤個性豊かな怪獣たち ⑥多…

オタクに育てられたオタク〜「リアル描写」絶対主義に染められた90年代〜00年代〜グレート、ガメラ、ティガ、クウガ、バットマン…復活したヒーローたち

◆80年代末、特撮冬の時代 ◆復活の90年代 ◆革新の2000年代 ◆オタクが作る時代へ ◆こだわりの時代 今年で私も32歳。年齢が近い方は、私のこの感覚にどれほど賛同下さるだろうか。 そう、私は特撮モノの中でも、虚構をいかにも現実であるかのように描いたリアル…

ウルトラマンのいない日本に生まれて〜90年代、ウルトラ兄弟をVHSで追いかけた日々〜

今でこそ、偉そうにウルトラシリーズの各作品ごとの論評をしたりもするが、私が生まれた頃の日本にウルトラマンはいなかった。 だから私たちの世代にとってウルトラマンは、既に「ウルトラ兄弟」であり、かつて地球を守ったレジェンドであった。しかし、そん…

悪の秘密結社ショッカーとは?「イーッ!」じゃねぇよ!〜化け物と笑い者の狭間で〜

「ショッカー」と聞いたら、何を思い浮かべるだろうか? 「イーッ!」と叫ぶ、黒い覆面に骨模様のあの人たちを思い浮かべる方も多いだろう。 S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー ショッカー戦闘員 (骨) 約145mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア 発売日: 2018…

【アベンジャーズ/レゴ】ドクターストレンジの神聖な館での戦い【LED電飾(ライトアップ)版】レビュー

今回は珍しく商品レビュー。 「レゴスーパーヒーローズ ドクターストレンジの神聖な館での戦い」! 要は「アベンジャーズ インフィニティウォー」をイメージしたレゴ商品。 レゴ(LEGO) スーパー・ヒーローズ ドクター・ストレンジの神聖な館での戦い 76108 …

考察「帰ってきたウルトラマンはなぜ弱かったのか?」〜一体化する地球人と異星人〜

◆郷秀樹とウルトラマン〜分離した人格〜 ◆近づいていく2人の人格 ◆郷とウルトラマンが完全に一体化 ◆「必殺!流星キック」は誰のため? ◆郷を鍛えたのはウルトラマン ◆三笠の山に出でし月かも ◆郷秀樹とウルトラマン〜分離した人格〜 怪獣総進撃 発売日: 201…

怪奇大作戦 第22話「果てしなき暴走」〜真犯人は誰だ?〜

〜あらすじ〜 ◆誰しもが抱く狂気 ◆悲劇のトータス号 ◆「車に頼まれた」とは? 〜あらすじ〜 深夜、都内で乗用車数台を巻き込む玉突き事故が発生。その先頭を走っていた赤い車は、マフラーから不自然な白い排ガスを放ちながら走り去った。車内には笑顔でロリ…