アダモマンのこだわりブログ

特撮ヒーロー、アメコミヒーローを中心にこだわりを語るストライクゾーンの狭すぎるブログ

SSSS_DYNAZENON(ダイナゼノン)第7話 まったり感想と考察〜ナイトと2代目と蓬の男泣き〜

集まった意味って、なに?

集まった意味って、なに?

◆グリッドナイト同盟⁈

怪獣時代の「アンチ」という名前ではなく「ナイト」と呼ばれるやたらキザなイケメンに成長

そしてメガネ巨乳OLとグリッドナイト同盟とやらを結んでいるらしい。きっと前作でできた仲間たちを想って同盟を結んだんだろうねアンチくん…。

そしてグリッドナイト、スピードがピカイチ。さすが元怪獣、怪獣の気持ちがわかるから怪獣の動きを捉えられるという当初の強みをそのまま活かしているようだ。

と思ったらやっぱりダイナゼノン怪獣と勘違いされたー!しかしグリッドナイト、エネルギー切れが早い。まだハイパーエージェントとしては新米なのだろうか?

後半戦ではお馴染みのグリッドナイトサーキュラー(紫の八つ裂き光輪または気円斬)も披露!更には胸からすごいビームの新技も披露!ナイトくん強い。

あとナイトが言っていた怪獣のいる世界に必ず現れる「アンチボディ」とは抗体のこと。そういった言動も含めてやはりコンピュータワールドの話っぽい?しかも、ダイナレックスやグリッドマン以外にも、怪獣と戦う存在が複数いる? 

 

◆2代目⁈同盟⁈

f:id:adamoman:20210515010400j:image

第6話 恐怖のメロディ 音波怪獣アノシラス 裂刀怪獣バギラ登場

で、ナイトの隣のメガネ巨乳OL、あれアノシラスか?でも能力はユニゾンみたいだったな。バトン回してたし。あと胸に音符マークついてたし。

ユニゾンというのは初代「グリッドマン 」の6話に唐突に現れたバトンを振り回す歌のおねえさんみたいなキャラクターで、電子ピアノのコンピュータワールドに住む電子生命体コンポイドの1人にして、善玉怪獣アノシラスの仲間。

前作にてアンチくんをアノシラスが介抱するくだりもあったので、そこから彼らの絆が続いているのだろう。

しかし気になったのは、

「やっと干渉できましたね」

「怪獣が現れる世界は、境界がもろくなりますから」

とかいうセリフ。異なるコンピュータワールドから移動してきたかのだろうか。本作当初からナイトが登場しなかったのは、「干渉」するのに時間を要したからっぽい。そうなるとあのボートも普通のボートじゃない?

てか今回海が舞台だったが、カノの死因から考えても、あるいはチセの名前の由来を考えても、良いことも悪いことも運んでくるもの、という感じかな?

しかもグリッドマンの伝家の宝刀フィクサービームを携帯している?!しかも大量に。遠く離れることとなったグリッドマンから預かったのだろうか?

しかし、初代ユニゾンはバリアシールドとプラズマブレードを合体させるという特殊技を見せてくれたので、今度はダイナゼノンとグリッドナイトを合体させてくれるのでは…?

 

◆チセちゃん⁈

POP UP PARADE SSSS.DYNAZENON 飛鳥川ちせ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

POP UP PARADE SSSS.DYNAZENON 飛鳥川ちせ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

今回は特にチセがいたたまれなかったです。もうコヨミ先輩に放置されてひとりぼっちがかわいそうでかわいそうで。

てか誰かグループLINE流してやれよと。なんで1人だけSNS頼りでみんなの居場所探してんだ。明らかハブられた子の顔してたぞ。普段元気な子がああなると見てられないな…。

そしてやはり成長を続けている白い石=やはり怪獣の卵?チセの負の感情をエサにしているのは間違いない。

しかしチセ、ヨモギとユメの姿を見て切ない顔をしていたが、やっぱりコヨミのこと男性として好きってことなのかな?

最後は2人仲良くアメちゃんかじってニンマリ。

 

◆コヨミ先輩の葛藤

今回コヨミくん一度もちゃんと目を見せてくれなかったのが気になった

大嫌いなアラタくんを救出したのは当たり前のことだったかもしれないけれど、彼が一皮むけた瞬間だと思うんだが…。どのみちチセを放置し過ぎたな。やっぱり彼もまだ子どもっぽいところあって、自分のことになると周りが見えなくなってしまうみたいだ

 

◆ヨモギとユメ急接近⁈

「南さんのお姉さんが、南さんの一部なら、もう他人なんかじゃない」

ヨモギの男泣きでユメも心を開き一緒にアイスを買いに行くことに。このまっすぐさがホントヨモギの良さ。ユメが段々心開いていく夜景メインの演出も良かった。

しかし暑いねとか言ってたのが気になる。確か前作アカネが管理している世界では年中夏だっけ?

この世界には四季の変化も備わってるようだ。丁度リアタイの季節変化とも重なる。

一瞬挿入されたカノとユメが抱きついてる怪獣、あれデバンだな。

結構引っ張ってるカノの死の謎だが、ヨモギがいなかったらユメ怪獣化しそうなくらい重い展開控えてそうで怖い…。

 

◆本当の怪獣使い⁈

SSSS ダイナゼノン ムジナ コスプレ衣装

SSSS ダイナゼノン ムジナ コスプレ衣装

今週の怪獣使いのみなさんも不穏。

オニジャさん、

「怪獣の力は誰かを殺すためにあるんじゃない。人間全員を殺すためにある」

これは怖いセリフだけど真理だと思う。前作のアカネは前者だったから途中でアレクシスに見放された。

人間全員を殺したいと思えるのが真の怪獣使いということなのだろう。そう考えると、シズムくんがジュウガに放った

「本当の怪獣使いは寝たりしないよ」

にもゾッとした。やはりこの4人の中で、目の色が赤いオニジャとシズムの2人だけがガチもんの怪獣使いってこと?ムジナのモチベUPはあくまで一時的なものに見えるし。

寝たりしない存在、怪獣使いは怪獣そのものかアレクシスのような存在を目指しているのか?

いずれにせよ、シズムくんが何度も口にする「変革の時」というのが不穏。一体どのような変化を指すのか?再びアレクシスのような異星人が降臨するとでも言うのだろうか?なんだか「一億総怪獣化」のようなもっと恐ろしい事態を指しているような…。

そう考えるとやっぱりあの白い石=怪獣の卵をばらまいたのは誰だ?って話になるが…。

 

◆ガウマとナイト

この2人、いがみ合ってるのに戦闘シーンでは呼吸ぴったりなのが最高だった。

何よりナイトの

「勘違いするな」

いただけて最高。教科書通りのツンデレににやけてしまうわな。

この2人ホント似てる。胡散臭いし、情に熱いし、何より怪獣ゆるさねぇっていう目的が完全に一致してる。

…カノの部活の人間関係とは真逆。普段はニコニコ仲良しに見えて本心はすれ違いまくり。

あ、そう言えば今回もユメのナントカビーム!出ましたね。ダイナゼノンの代名詞になりそう。

 

というところで次回!

7話は本当に色々詰め込まれていた回なので、また気づいたことあれば別途付記したい。