ADAMOMANのこだわりブログ

特撮ヒーロー、アメコミヒーローを中心にこだわりを語るストライクゾーンの狭すぎるブログ

MENU

Brothers On A Hotel Bed (Death Cab For Cutie)和訳〜超絶意訳にて候〜※1/23修正

Brothers on a Hotel Bed

Brothers on a Hotel Bed


www.youtube.com

◆デスキャブ、こんな人におすすめ

Death Cab For Cutie、実は私が一番好きなバンドだ。

しかし、そもそも彼らを知らないという日本人が大半だと思う。私も、彼らの名前を友人の前で出して「知ってる」と言われたことは一度もない。

日本での露出も少ないのであまり知られていないが、90年代後半から活動しているバンドで、日本で言えばミスチル並みのベテランだ。彼らの詳細についてはウィキ等でも見ていただくとして、

とりあえず聴けば分かるから聴いてほしいところだが人を選ぶ可能性はあるので、以下に一つでも当てはまればおすすめかと。

  • ボーカルの圧倒的歌唱力で魅せるバンドではなく、バンドサウンド全体で魅せるアーティストが好きな方
  • 叙情詩的な落ち着いたサウンドが好きな方
  • しっとり優しい声質の歌手が好きな方
  • パッと乗れるノリのいい曲よりも、奥行きがあってじっくり聴き惚れていくような曲が好きな方

今回和訳して改めて思ったが、彼らの曲ってものすごく哲学的だし使われている単語も非常に文学的だ。

でも、その分意訳に振り切れるところもあって非常に楽しかった。

「人生の一曲」、そう呼べるほどに愛着のあるこの曲の和訳ができて、本当に嬉しい。

Brothers On a Hotel Bed

Brothers On a Hotel Bed

  • デス・キャブ・フォー・キューティー
  • オルタナティブ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

◆歌詞(和訳)

You may tire of me

as our December sun is setting

Cause I'm not who I used to be

冬は夜に包まれて

君は僕に冷たくて

僕はもう違う人だから

 

No longer easy on the eyes 

But these wrinkles masterfully disguise

The youthful boy below

わからないだろうけど

それでもこの瞳の奥に

あの頃の僕はいる

 

Who turned your way and saw

Something he was not looking for

Both a beginning and an end

こんなはずじゃない

ずっと思ってたけど

見てるだけだった

 

But now he lives inside

Someone he does not recognize

When he catches his reflection on accident

今も僕はいる

君はきっと気づかない

僕だってもうわからないんだから

 

On the back of a motorbike 

with your arms outstretched tring to take flight,

leaving everything behind

バイクの後ろで

風を浴びながら

君は腕を広げてみる

 

But even at our swiftest speed

We couldn't break from the concrete

In the city where we still reside

いくら飛ばしたって

この灰色の街からは

逃げ出せない

 

And I have learned

that even landlocked  lovers yearn

For the sea like navy men

船を失くした

船乗りみたく

ため息をつく

 

Cause now we say goodnight

from our own separate sides

Like brothers on a hotel bed

灯りを消して

離れて眠る2人

青白い壁を眺めながら

 

Like brothers on a hotel bed

青白い壁を眺めながら

x3

You may tire of me

as our December sun is setting

Cause I'm not who I used to be

冬は夜に包まれて

君は僕に冷たくて

僕はもう違う人だから

 

 

 

◆解説

But these wrinkles masterfully disguise

The youthful boy below

序盤に登場するこのフレーズ、直訳すると

でもこのシワが巧みに隠している、若い少年の顔を

という感じになりますが、ここで登場する "The youthful boy" -少年の顔- というのが、この後も"he" として引き続き登場します。

But now he lives inside

でも彼は内側で生きている

彼のオモテの顔の裏にある少年のような無垢な面(=彼女を愛していた無邪気な頃の自分かな?)は確かに存在しているけれど、今やどこにあるのか、本当にあるのかもわからなくなってしまった。そんなかつての自分を「彼」という言葉で他人として表現してしまうところからも、冷め切った現在の2人の関係が暗示されているようです

 

Like brothers on a hotel bed

そしてこの歌のハイライト。当初はここは素直に、

まるで兄弟にでもなったかのように

とほぼ直訳していました。冷め切った男女の関係を、ホテルに泊まる男兄弟のようだと喩える文学的すぎるセンスは意訳にせず素直に残した方が良いかと考えたからです。

が、英語として受け取るニュアンスと、日本語として受け取った場合のニュアンスは、意味が同じだったとしても全く異なります。

今回は、歌詞全体から漂う寂寞とした閉塞感や、冬の冷たい空気感を表現するため「青白い」というフレーズを入れています。

そして何より、「兄弟のように」なってしまった2人の距離感を表現するため、「壁を眺める」というフレーズをあてがいました。それぞれが背中を向けて眠る情景を間接的に描写し、心理的距離感を表現したつもりです

この歌の真骨頂は、歌詞というより、ベンの穏やかなボーカルと、クリスの優しくも鋭いキーボードにあります。いや、私にとってこの歌のボーカルはもはやピアノです

そのくらい、メロディそのものがこの歌の全てと言っても過言ではありません。

だから今回の和訳(意訳)がベストとは思っていません。今後、もっと良いフレーズが浮かんだらまた推敲していこうと思います。

 

ちなみに、もしこの歌が気に入ったなら、デスキャブの「Plans」というアルバムのほかに「Transatlanticism」もおすすめかなと思います。

Transatlanticism

Transatlanticism

Amazon
Plans

Plans

Amazon