adamomanのこだわりブログ

特撮ヒーロー、アメコミヒーローを中心にこだわりを語るストライクゾーンの狭すぎるブログ

「Something」こそ男のラブソング(the Beatles)

 

https://youtu.be/UelDrZ1aFeY

 

ビートルズの名曲、「Something」。

もちろん曲が好きなのだが、それを言葉で伝えるのにも限界があるので(音楽的専門知識は皆無なので)、歌詞についてちょっと語りたい。

 

まず、女性の好きなところをsomethingって表現しちゃうところが、良い。

うまく言えないものだと思う。

本気で好きなときって、なんか、どこか良くて、それをあれこれ言葉を尽くして表現するほど嘘っぽくなってしまうもの。

なんか、どこか、良いんだよなーって、うまく言葉にできないのが不器用な男らしくてしっくりくる。

男の好きに、理由なんてないのだ。

 

途中、こんなことを問われる。

「ずっと愛してくれる?」

そしてこう返す。

「わからない、いや、わからないよ」

 

ここが世に溢れるラブソングとの決定的な違いだと思う。

「これからもずっと、一生愛してるよ」なんてささやくラブソングに惹かれるのかどうか知らないが、そんなこと言うやつはみんな嘘つきだと思う。

 

何に惚れてるのかもわからない、夢中なのは確か、本気で好きなんだけど、じゃあそれがずっと続くの?って言われたら、わからない、わかるわけない、そんなの。

 

それが男の本音なんだと、思う。

情熱的、かつ儚げな男の子の気持ちを見事に歌った名曲だと思う。

 

Something

Something

  • 発売日: 2015/12/24
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
Abbey Road -Deluxe-

Abbey Road -Deluxe-

 
アビイ・ロード

アビイ・ロード